妊娠が分かったら葉酸でしっかり栄養補給しよう

婦人科も推奨するマカとは

錠剤

自然妊娠を希望する方に対して、近年婦人科が推奨しているのが妊活マカなのです。栄養素の宝庫であり、特にアミノ酸とミネラルがたっぷりと含まれています。体調を整えてくれる理想的な食品であり、不調を改善することで自然妊娠に導いてくれるのです。

もっと見る

妊活をする

サプリを持つ女性

マカサプリは、男性だけでなく女性にも効果があります。妊活にも利用ができるので、飲むタイミングを工夫して、効果的に服用するようにしましょう。継続的に飲むことで、妊活や日々の生活の大きな助けとなってくれます。

もっと見る

着床前に診断を受ける

医師と看護師

着床前診断は、流産の予防が出来る高度な医療技術になります。受精出来ても、染色体や遺伝子に問題がある場合があるので事前に優れた受精卵だけを子宮に送ることが出来ます。初めて妊娠を希望する場合や今まで流産の経験がある人にとって特に良いでしょう。

もっと見る

積極的に摂りたい成分

妊婦

必要とされるわけ

葉酸という成分は妊娠中はとても必要とされている成分です。特に妊娠初期の頃が最も必要になります。それは先天性の異常とされる神経管閉鎖障害の危険を下げてくれるからです。葉酸は水溶性で熱に弱いので、食品からの摂取はなかなか難しいものがあります。ですが、できれば食材から葉酸をサプリメントと並行して摂取したいものです。また、葉酸は妊娠前からも摂取しておきたい成分です。葉酸には造血作用もあるので、妊娠を望む人には妊活中もこの葉酸の摂取をおすすめします。葉酸は、熱や光に弱く、水溶性なので水に溶けてしまいます。食べ物から摂取をする場合には、注意が必要です。せっかく食べても、茹でてしまったり、食材を日の当たるところに出しておいてはせっかくの成分がなくなってしまうので、買って来たら早目に冷蔵庫などの暗い場所に保管し、新鮮なうちにできれば生のままの摂取が望ましいです。

多く含む食品

葉酸が多く含まれている食べ物は、名前のように緑色した食べ物です。代表的なものがほうれん草、ブロッコリー、アスパラガスです。他にもモロヘイヤ、こねぎ、オクラ、カリフラワー、春菊、クレソン、サニーレタスなどに含まれています。野菜以外の食品には、納豆や、きなこ、枝豆、レバー、海苔などに含まれています。たくさん摂取していても毎日体から排出されてしまうので、妊娠中は特に積極的に摂りたいものです。妊娠していなくても、男性でも葉酸は大切な成分です。葉酸の特徴として、赤血球の生成や動脈硬化の予防の働きもあります。不足すると、口内炎や下痢、めまい、倦怠感、胃潰瘍、動脈硬化などの症状が現れます。妊娠中の女性でなくても摂りましょう。摂りすぎると痒みやほてりなどが出てきますが、普通の食事ではまず摂りすぎることはないので、安心して摂取しましょう。